読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

game diary of a gamer girl

no game no life

FF15その後のレビュー

 

以前も紹介したFF15の大荒れレビュー笑笑

 

mimichanmaruda.hatenablog.com

 

 

 

 

 

数週間たった現在もこんな感じです(笑)(笑)

 

f:id:mimichanmaruda:20161219223324j:image

 

 

星1の評価が増え続けているFF15ですが、どうしてこうなってしまったのか

自分なりに解説していこうと思います!!

 

 

 

FF15というだけに

 

FF15という名前だけに多くの期待を抱くファンやプレイヤーが

続出し、10年という月日をかけたのだから!といった

希望が先走って「いざプレイ!」となったときに

ストーリーやなんやらが、「あれ、いまいち?」となってしまった方が多かったのではないでしょうか?

私自身もFF15という名前だけに期待していましたが、まさかこんな結果になるなんて😅

 

 

 

バトルシステム

 

FF15のバトルシステムです。

これは従来のものと全く違ったスタイルに変化されていました。

従来のFFのバトルシステムは

「たたかう」のコマンドを選択後、敵に攻撃といった”作業的”なバトルだったのです。

私は個人的に従来のバトルシステムが好きでした。

それでこそ「FF!!」というものがあったので(笑)

今回のバトルシステムは、爽快感!!です。

一部ではキンハーみたいだと言われていますが

まさしくそんな感じです。

FFのバトルに爽快感は求めてませんでした😓

 

 

ストーリー

 

ストーリーですね。

これは作品をプレイする上で最も重要視されるのですが

前半のストーリーはよく作られているのに対し

後半はやっつけで終わらせた感(笑)

これに納得がいかなかった人が多いようですね。

FFのストーリーの特徴は、主人公が闇を抱えてることですよ!!(笑)

人気のFF7クラウドは、人種格差のような社会で暮らす少年でした。

なので、クラウドはお金の話には敏感でした(笑)

FF作品で最も人気のFF8のメインキャラクターのすべて(自分の仲間になるキャラ)は

個人で育った子たちです。

主人公スコールもその一人、人からの愛情に疎いキャラクターが多く。

親からの愛情を真に知らない、といったような

暗いマイナスからのスタートが有名なのですが

今回のFF15の主人公はそういった闇もなく、王国の王の息子で後継者

必然的に何かと戦わなくてはいけません(笑)

そういった、ところがちょっと今までのFFに比べて薄いんじゃないかということです。

 

プレイヤーが主人公の成長と目の当たりにした

プレイヤーと主人公に感情移入する、といった場面が薄い印象でした。

そこがちょっと残念に感じます。

 

10年かけた作品がこの結果なのは、仕方がないので

次に向けてよい作品ができることを祈っています!!!