読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

game diary of a gamer girl

no game no life

人喰い大鷲トリコゲーム紹介

今月発売された

人喰い大鷲トリコのゲーム紹介をしていきます

 

f:id:mimichanmaruda:20161215142026j:image

 

どんなゲーム?

このゲームの主人公は1人の少年です。

少年は腕や足にタトゥーが刻まれているのが特徴です。

遺跡を舞台に少年が大きな大鷲トリコ誘導助けたり助けられたりを繰り返すアクションゲームです。

 

f:id:mimichanmaruda:20161215142038j:image

 

 

トリコとは

トリコとは大鷲の名前です。

モチーフになった動物は複数いるそうで犬、猫、鳥などを混ぜた動物のようです。

 

f:id:mimichanmaruda:20161215142112j:image

 

一見して可愛らしい動物ばかりですが、そこには野生の凶暴さもうかがえる動物になっています。

作者は、「可愛さと凶暴の中間を狙った」と語っていました。

 

 

 

日本と海外のタイトルの違い

日本のタイトルは

「人喰いの大鷲トリコ」ですが

海外では

「The Last Guardian」

直訳の意味は「最後のガーディアン」です。

ガーディアンとは守護者を意味します。

大きく違うようなタイトルをつけた狙いについても語ってくれていました。

 

f:id:mimichanmaruda:20161215142139j:image

 

個人の希望として、日本版の正式タイトルに

「トリコ」と入れたかった」とのこだわりが明らかに。

開発に時間を要した理由は、「たくさんありすぎてひと言では語れない。フレームレートやメモリ管理など技術的な問題もあったが、それだけではない」と前置きしつつ、「ハードがPS4™になったからと言って、ゲームの内容は変わらない。スペックに左右されない普遍的なものを作りたいという思いは常に変わらずある」と力強く語っていた。

 

らしいです。

日本のタイトルも海外のタイトルも

両者とも魅力ですが、ゲームをプレイする上で2つのタイトルを知っていることは少し重要にも思えます。

人喰いガーディアン違った意味を持ったタイトルにさらに心を奪われました

 

f:id:mimichanmaruda:20161215142156j:image

 

冒険を通じて築かれていく、少年と大鷲の絆。静寂に満ちた世界に思いを馳せながらぜひプレイしてみてください!!