読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

game diary of a gamer girl

no game no life

アメリカ人が疑問に思う日本のゲーセン

 

 
日本では当たり前にゲームセンターって残ってますよね?
今後も消える見通しは全くと言っていいほどありません。
これに対してアメリカ人は
「日本はなんでゲームセンターが残ってるんだ?」
と不思議に思うそうです。
それもそうです。
アメリカではもうゲーム=テレビゲーム
というのが定着してしまっているため
外でゲームはしないって感じですかね(^_^;)
 
 
 
 

日本のゲーセンの特徴

日本のゲーセンはクレーンゲームから
プリクラ、音ゲー、子供向けのゲーム機
などなどほとんどどの世代でも楽しめるってところですかね。
あと1番大きいのはプリクラなんじゃないでしょうか?
女の子なら誰しも毎回毎回遊びたびにとるプリクラ1回400円ですが
塵も積もれば山となる、ですね!
プリクラの経済効果は下がらないと思います。
最近はプリクラで証明写真がとれるんですよ
普通の証明写真機で撮るのが恥ずかしとか
ちょっとでも可愛く写りたい
ってのが現状でしょうか┐(´д`)┌
 
あとは子供向けのゲーム機ですね
妖怪ウォッチとか私が小さい頃はムシキングとかラブ&ベリーとか今考えたら
どんだけ費やしてんだって感じくらいたくさんカードがあって
今でもゲームセンターに子供はたくさんいますし需要はありますよね。
 
 
 
 

アメリカのゲーセン

一方でアメリカのゲーセンはどちらかとコアなものが多いかもしれません
マリオカートだったり大型のゲーム機がたくさん置かれていて
子供向けではなさそうです。
最近ではバーカウンターが設置されていたり完全に大人向けですね(^_^;)
子供はテレビゲームしてろって感じですかね笑
 
こちらがバーカウンターの画像です
f:id:mimichanmaruda:20160323170716j:image
 
 
 
 
ちょっとしたクラブみたいですね!